問いかけてみる

問いかけてみる

一般的に夜泣きというものは年齢的には1歳が過ぎて半年ほどすると解消されると言われているようですが、この年齢を過ぎても夜泣きが続く場合もあるようです。
泣くのが毎晩だと、どんなに元気なお父さんお母さんでも疲れて来るでしょう。
少し大きくなっても夜泣きするようならば、赤ちゃんの頃とは何か違う原因があるかもしれません。

 

寝るサイクルが乱れてしまうのが一番の原因だと言われるのが赤ちゃんの夜泣きです。
これが幼児であったりするとお昼間での出来事が発端になるのではないでしょうか。
精神的に影響を受けたことがあるとき、再び思い浮かべてしまったことで夜泣きに直結してしまうことが多いようです。

 

不愉快な出来事があったその日、何かを我慢させられた日、怒ったりしたあと、その日の夜に限って夜泣きをするのではありませんか。
子どもでも昼間に面白くないことがあったり、いつもとは違う生活だった夜は眠りが浅かったりします。

 

そういった症状は幼児に速攻あらわれて、1日をどう過ごしたかを思い出せば夜泣きをした日は、思い当たる出来事が昼間に起こったのではないでしょうか。
連続して夜泣きをする日があれば、最近の生活で何か変わったことがないか、確認してみましょう。

 

ただし、露骨に本人に理由を問いただしたりすると、話をしながら再度苦痛を重ねることになります。
できれば、幼稚園や保育園での様子は先生に聞いたり、子どもと仲良しの子にさりげなく聞いてみるのもいいでしょう。

 

子どもが夜泣きする理由の1として、夜驚症と呼ばれる病気があるのです。
何の前ぶれもなく大泣きしたり、どんなに起こしても目の焦点が合わず騒ぎ出します。
子どもが正気に戻ったところで質問してみると、記憶がないのでこちらがビックリします。
もしかしたら夜驚症なのではと疑問に思ったら、一度診察を受けましょう。