目を覚まさせる

目を覚まさせる

毎日夜寝ているときに起こされると眠いし、つくづく体力を消耗します。
夜泣きを改善するのに効果があるとされる色々な方法が存在しますが、どれを試しても効果がはっきりしないお子さんもいます。
どうやっても駄目なら、夜泣きをしないようにと努力するのをやめて、正気に戻るまで目を覚ませるようにしてあげましょう。

 

泣き続けている子どもをちょっとだけ目を覚まさせてからまた眠りに誘うのではありません。
このような手だてで就寝すれば苦労はないのですが、思うようにはいかないものです。
こういう時は、もう一度眠らせるのではなく、部屋内の電気を点けてあげて普段起きている状態を作りあげます。

 

夜泣きをする乳幼児は、眠くてたまらないのにうまく寝られなくて不機嫌になっていくが要因です。
嫌な気分を抱えたままでぐずついた後に泣き始め、もうろうとした意識の中で泣いているというような症状になるのです。
気持ちを落ち着かせるためにアレコレやっても泣いているのなら寝かし付けるのはやめて、一度覚醒させて、自分からスッと眠るのを静観してみましょう。

 

考え方を変えた方が、うまくいくこともあります。
夜泣きをしている赤ちゃんの心情はおおむね悪いと思われます。
まず、覚醒を促してご機嫌になるような乳幼児向きのテレビ番組やビデオなどをつけるとよいかもしれません。

 

昼の時間と変わらないように遊んでみても役に立つと評判です。
お昼時と同様、長時間遊ぶようだったり、テレビを見ていてやめないという心配はありません。
赤ちゃんの気持ちが満足したら、何をしなくても眠気が襲ってくるようなので、また頑張ってみるとよいでしょう。
確かに夜泣きはお母さんを疲れさせますが、泣き続ける乳幼児も大変な思いをしています。
そのまま泣くことで疲労するまでやり過ごすのはよい方法とはいえません。