簡単な方法

簡単な方法

簡単なことで夜泣きが止まることがあります。
夜泣きを止める方法の一つに、赤ちゃんがどうしても泣きやまない時に外へ出てみるのもよいでしょう。
寝室で時間をかけてあやし、泣き止ませようとしても駄目だったのに、赤ちゃんを外気に触れさせたらすぐに泣かなくなったといった場面に遭遇したことはありませんか?迷惑行為になるのではないかと、近隣の人々に配慮して、泣きやまない赤ちゃんを外に出さないようにしていたケースもかなり耳にします。
さまざまなやり方でも必ず解決することはないかもしれませんが、チャレンジする価値はあるでしょう。

 

夜泣きを体験したことがある人であれば、尋常じゃないほど長時間泣き続けるため夜にも関わらず病気にかかったのではないかと救急病院に行ったという方がいます。
そういった人々の中には、赤ん坊を外気に当てたら急に静かになったという出来事を体験されている方が多くいます。
冷たい外気に触れて、赤ちゃんは驚いたのではないでしょうか。

 

揺り起こした時とほぼ同じようになった乳幼児は、夜泣きが止まるのです。
その際、ショックが大きすぎると反対に夜泣きの状態が悪化することがあるので、気候を見ながら子どもが外気に触れて心地よい時に行いましょう。
ひどく天候が悪い日や、雪が降っている日などは外へ出ないようにしてください。
天候が不順なときは窓を開けて外気を部屋の中へと導入するようにするといいでしょう。

 

車が好きな子どもであれば、車に乗せて移動するだけでもいいようです。
乗り物の振動は、眠気を呼ぶのでしょう。
赤ちゃんの夜泣き対策のためのドライブならば、車の通りが激しくない、静かな道を選びましょう。
目的は赤ん坊を寝かせるためなので、騒がしい場所や明かりが多い所は通行しないようにしておきましょう。