外に出てみる

外に出てみる

普段ですと夜泣きをする幼児が時々朝まで起きずに寝てくれることがあります。
そんな場合、当日のお昼間での行いを思い浮かべてみましょう。
通常ではしないことをしていたりして、それが夜泣きへの作用となっている場合も考えられます。
普段の運動量が少ないことが夜泣きの原因と考える説があります。

 

体力を存分に使い切れていないと、熟睡できません。
第一に運動量が足りないことを補うには、昼間はなるべく外に出て遊ばせてみましょう。
忘れていけないのは、逆にあまり疲れさせてはいけないと言うことです。
大人でもそうですが、あまりに疲れてしまうと眠りにつきにくい状態となってしまいます。
赤ちゃんがほどほどに疲労を感じるようにすると、夜泣き改善になるようです。
特に変わった行動をしなくても、外気に当たり、買い物やお散歩に行くというだけでも改善の兆しがあります。

 

気持ちが高ぶってしまわない程度に、疲労が蓄積しないように考えつつ体を動かすのが一番よいのです。
日中の刺激の強い出来事が寝ている時に昼間の興奮を思い出して、夜泣きをしてしまうという人もいます。

 

お昼寝では、疲れすぎて長時間寝てしまうと、体力が回復して夜を迎えても寝つくことが出来ない!なんてことにもなりかねません。
しっかりとした安眠のためにも、昼間における幼児の生活サイクルを調整してあげるとよいでしょう。

 

適切な生活パターンはどの子どもも違っているでしょうから、その子の体力を見ながら変化をつけていきましょう。
起こすと機嫌が悪くなるからと言っても、長すぎるお昼寝は夜に眠れなくなります。
適度な時間に起こすなどの対処をしましょう。