落ち着かせる方法

落ち着かせる方法

夜泣きに対処する最善策でもっともはじめに考えなければならないのは、赤ちゃんに安心感を与えることです。
このことはさまざまな文献にも同様に書かれてあります。
夜泣き中の子どもはとにかく泣いていてこっちの声なんて耳に届いていないように見えますが決してそうではありません。

 

寝ている時に起こされることでムッとしたりもしますが、なるべく堪えるようにして乳児をやさしくあやしてあげましょう。
夜泣きが始まっても、何らかの方法で幼児を寝つかせたくて抱き上げない母親がいるそうです。
でも、乳児は母親が抱き上げてくれることに温かさを感じ、その母の腕に包まれているのがもっとも心が安らぐのです。

 

抱っこしてゆらゆらしているだけで、幼児の中には夜泣きが止む子も多いのです。
もっとも、寝かせようとそっとベッドに置くと幼児の中にはあっと言う間に泣き出す子もいます。
夜泣きの難点はそこなのですが、落ち着かせてあげることが夜泣きをする赤ちゃんには有効と言えそうです。
さらに、ミルクをはじめ白湯やお茶を飲ませてあげると、空腹が解消されて、深い眠りにつくこともあるようです。

 

トントンと調子よくたたいてあげることで赤ちゃんが快適さを感じたり、触れ合ってなでなでしてあげるなど夜泣き改善には良い方法だと言われています。
赤ちゃんによっては気持ちいいと伝わるリズムもやり方もそれぞれ違うでしょうから、機嫌の良い時間やお昼寝タイムなどを利用してやってみましょう。
背中やオムツの上を、親の鼓動の早さで口コミではポンポンとたたくのが良策だというのを見かけます。

 

優しい声の子守唄も効果があるので、のんびりとした一定のリズムで歌ってあげると効果的です。
かえって赤ちゃんの心が高ぶってしまうような歌は避けて、気持ちが和むように口ずさみましょう。