脳内体験

脳内体験

活動時間中はあんなに楽しそうだったのに、夜寝る時間になるとどうしてなのか夜泣きをする。
来る日も来る日も同じ目にあっている母親がけっこういると言うことです。
夜泣きするのはなぜなのかを調べて、子どもと安眠するためには…と思っているのは皆同じ気持ちです。

 

ですが夜泣きは、きっかけが不明なうえただひたすらに泣くといったことを言うので、何に起因しているのかわからないのです。
夜泣きを赤ん坊がするという原理は、未解決の問題となっています。
原因不明でも、いくらか考えられる点も存在します。
普通よく耳にするのは、毎日の活動の中で、沢山の刺激を感じるために、夜泣きという結果になるのかもしれないのです。

 

大はしゃぎした日の夜や、旅行をしたり、お友達のうちに泊まるなどで、寝る場所が変わるとプレッシャーがかかり、夜泣きを起こすのではと言われます。
乳幼児は、今日一日の出来事を体が休んでいる就寝中に再び脳内で再現しているという説があります。

 

なので、昼間の出来事が脳に働きかけ、夜泣きが起こるのではという説があります。
さらには、睡眠時間がコントロール出来ないために夜泣きが発生してしまうと考える人も少なくありません。

 

夜泣きを始めた乳幼児を、無理やり起こそうとした経験はありませんか。
そういったときに、乳児に意識があるのかないのか、見分けが難しいのではないでしょうか。

 

目をぱっちり開けて意識があるようですが、声をかけても揺すっても全く意識がないようなあんばいなのです。
乳幼児は睡眠時間をコントロール出来ないため、浅い眠りの時に見ている夢で目が覚めて、夜泣きのきっかけになるのだと言う人もいます。