鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニア

夜泣きが長く続くと、それが本当に夜泣きなのかもしかしたら他の病気もしれないと、なかなか医師に相談できないことがあります。

 

不意に勢いよく普段と異なる泣き方を看過しないのが大切です。
まず、皮膚にぽつぽつとしているような肌の異常はありませんか。
赤ちゃんの皮膚にアトピーの症状がないか気にしていても、肌トラブルでもオムツかぶれの場合は甘んじる人もいます。
乳児にとって、おむつかぶれが起きるということは、心地よい眠りを邪魔するほどの嫌な状態にあります。
速やかに病院へ行きましょう。

 

また、風邪などによる発熱があった場合や、耳に痛みがある中耳炎などのときはきつい泣き方をします。
ことに中耳炎であれば、痛みのある耳を手で押さえたりしますから対処しやすいと思います。

 

幼い子どもには鼠径ヘルニアもよく見られる症状です。
この鼠径ヘルニアは、鼠径部といわれる部位に腸の一部が逸脱してしまう病気で、痛みははじめのうちほとんど感じないようです。
脚の付け根に注目すると、どちらか片方がプクッと膨らんでいるので簡単に判別できます。
この鼠径ヘルニアで注意しておきたいことは、「かんとん」といわれる状態になってしまったケースです。

 

これは、逸脱した腸が何らかの原因で出たままになっていることを意味し、激痛や吐き気などをの非常に辛い状態になります。
そのままにしておけば腹膜炎を伴う重篤な症状になりますので、赤ちゃんに鼠径ヘルニアがあり夜泣きをする子は特に鼠径部を注意してみましょう。

 

夜泣きをする年齢層によく見かけるのが、腸重積という早い治療が必須な病気です。
赤ちゃんの月齢でいうと4ヶ月?12ヶ月の間に起こる可能性が高く、顔面蒼白になるほど痛がる発作を続けて起こします。
普段より違和感のある夜泣きだと感じたら、ためらわず病院の先生に診察してもらいましょう。